ミノキシジル・ミノタブ案内所

ミノキシジルの成分や効果・副作用などを紹介します

薄毛の外国人

ミノキシジル・ミノタブ案内所

ミノキシジル・ミノタブを中心にAGA治療薬とは何か、どんな副作用があるのか、本当に効果があるのか?など、誰もが気になるミノキシジル成分の事を詳しく書いています。

大人気の【ハゲの噂】コーナーではハゲやすいと噂されている事例を解説しています。

ロニタブやツゲイン、ウゲインなどの人気AGA治療薬(ジェネリック)を格安購入したいならこちらの通販が便利です。

AGA治療薬の成分、ミノキシジルとは?

AGA治療薬でフィナステリドと双璧をなすミノキシジルはフィナステリドとは違い発毛効果のある薬で、日本では平成11年に厚生労働省から認可を受けています。

またフィナステリドと併用可能で、フィナステリドで脱毛抑制をしミノキシジルで発毛させることで効果をより引き出せます。

ミノキシジルの副作用は外用薬と内服薬とで異なり、外用薬だと頭皮の痒みやかぶれなどがあり、内服薬は元々血圧降下の薬だったため低血圧の方は血圧が下がりすぎたり、動悸が起きるほか体毛が濃くなる、性欲の減退などが挙げられる事があります。

【ハゲの噂】毛深い人はハゲやすいって本当?

現代では、薄毛や抜け毛に悩んでいるという方が多いです。

そのため、増毛や育毛のための様々な医薬品が販売されています。

その中でも、ミノキシジルを利用しているという方もいます。

毛深い人がハゲやすいと聞いたことはありますが、必ずしもそうだとは限りません。

生活において食事や飲酒などに配慮をしたり、自分なりの努力をすることも大切なことです。

しっかりと努力をしながら、医薬品を利用することで、効果が出る場合が多いです。

ミノキシジルを含むAGA治療薬を個人輸入代行で入手するならこちらのサイトが人気です。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の特徴とは?

ミノキシジルタブレットは内服タイプのAGA治療薬で、主流であった外用薬とは効果の出方が少々異なります。

外用薬の場合直接頭皮に塗りますすが、その分塗りムラが出てしまうというデメリットがありましたが、タブレットの場合は体内から満遍なく効果が得られるというメリットがあります。

一方でそのメリットがそのままデメリットになる可能性があります。

満遍なくというのは頭部に限った話ではなく全身に対して満遍なくということになります。

なので副作用として体毛が濃くなる可能性があるのです。

また効果が現れるまでは個人差があり、早い人では3か月程度、遅い人は半年たっても・・・という声もありますので、長い目で使用していかなければいけません。

発毛剤?育毛剤?のリアップって本当に髪の毛が生える効果はあるの?

リアップは有効成分ミノキシジルの大正製薬から販売されている認知度の高い発毛剤、育毛剤です。

薬局などで処方してもらうのではなく、ドラッグストアなどで市販されているので、本当に効果があるのか疑問に思っている人も多いでしょう。

結論から述べると、自分の頭皮環境に適したものを選べば、効果を実感できる可能性が高くなるといえます。

リアップにはいくつかの種類があり、その中から自分に合ったものを選ぶ必要があります。

ここで慎重に選ばないと、効果を得られないどころか、頭皮に関する様々なトラブルを引き起こすこともあります。

したがって、場合によっては皮膚科やクリニックなどで頭皮環境を調べ、その上で自分に適したものを選ぶようにしましょう。

ミノキシジルの有効成分や有名なジェネリック医薬品、価格など

AGA治療は時間がかかるのでその費用も馬鹿になりません。

そこで多くの人が利用しているのがジェネリック医薬品です。

ミノキシジルの有名なジェネリックは外用薬は「ツゲイン」、内服薬では「ミノタブ(ミノキシジルタブレット)」があります。

ツゲインには有効成分・ミノキシジル2、5、10%と3種類あり、例えば2%なら1本2,250円で1本で約1ヵ月分になります。

ミノタブは5、10mgの2種類があり、1日2回、1回1錠服用しますが5mgなら100錠で3,600円、10mgは100錠4,050円なので10mgを購入しピルカッターで半分にして服用するとより経済的にAGA治療を行えます。

↑ PAGE TOP