子供が筋トレをしても大丈夫なの?

子供の筋トレが成長の妨げになるのは本当?

子供の筋トレが成長の妨げになるのは本当?

子供が筋トレをやる事によって、身長が伸びなくなるという噂が一昔前に広まった事がありますが、その噂は間違っています。

人間の身体は運動をする事によって、骨を伸ばすための命令が脳から出やすくなるという研究データもあります。

成長ホルモンも分泌されやすくなるために、短期間で子供の身長を伸ばしたいのであれば、ある程度は筋トレをさせておいた方がいいです。

筋肉を付けすぎてしまうと、筋肉が骨の成長を抑えるという噂は間違いで、骨が成長しようとする力の方が強いので問題はありません。

ただし子供が筋トレをやりすぎて、骨にダメージを与えないように注意する必要はあります。子供の身体に負担をかけすぎない程度に、筋トレを続けさせる事が大切です。

子供はどこまでの筋トレなら大丈夫?

子供はどこまでの筋トレなら大丈夫?

スポーツアスリートを目指している子供の場合、幼い頃から厳しいトレーニングが必要になります。トレーニングに耐えうる体を作るためには筋トレも欠かせませんが、成長段階にある子供が無理な筋トレをするのは禁物です。

どこまでのトレーニングなら大丈夫なのかというと、約15分間の柔軟体操をしっかりと行なってから30分程度の腹筋・背筋・腕立て伏せの3種類の筋トレが理想です。

ここで大人のようにマシンを用いたトレーニングは決して行なわないでください。

その理由は、マシンで無理に負荷を掛けた筋トレを子供にすると筋肉繊維を激しく損傷するだけでなく関節炎や骨折など深刻なケガを引き起こす恐れがあるからです。

必ず大人がそばについて筋トレをサポートすることが大切です。

子供が筋トレをすると心身共にメリットがある?

子供が筋トレをすると心身共にメリットがある?

子供が筋トレをするとメリットがあります。身体の発達を促し、筋肉に関する怪我も防ぐ以外にも心身ともに健康的で自信のついた子供は学校の成績が良く有害な行為に関わる可能性が低くなります。

さらにスポーツなど実戦でのパフォーマンスもそのスポーツだけを練習した場合に比べて筋トレで基礎体力を伸ばした子供は、より高いレベルでプレーを行うことが出来るという事が分かっています。

筋トレをすると体力が身につくので運動神経が他の子供と比べて高くなります。同時に強くなれば何か起こった時に安心でき弱い人たちも助けることが出来るとモチベーションのアップにもつながります。

このような一連の流れが、子供の体を強くするだけでなく自信を持つきっかけにもなります。