ミノキシジル・ミノタブ案内所

【ハゲの噂】毛深い人はハゲやすいって本当?

【ハゲの噂】毛深い人はハゲやすいって本当?

薄毛男性

毛深い人はハゲやすいと昔から言われていますが、これはほぼ当たっています。

女性と比べて男性は毛深いですし、薄毛になるリスクも高いでしょう。

これを決定しているのは男性ホルモンの分泌量であり、過剰に分泌される男性ホルモンによって体毛を濃くして、髪を薄くしてしまうのです。

男性ホルモンが多いほど体毛は濃くなりますが、逆に前頭部・頭頂部などは薄くなるので厄介なのです。

つまりは体毛が薄いほど、薄毛になりにくいと言えるでしょう。

AGAの影響を受けやすいのは前頭部と頭頂部であり、側頭部と後頭部はあまり薄くなりません。

薄毛になりにくい部位というのは、男性ホルモンの影響を受けにくいわけです。

最も目立つ前頭部と頭頂部が真っ先に薄毛になるわけですから、男性にとって悩みの種でしょう。

男性ホルモンを抑制するためには、フィナステリドという経口薬が役立ちますが、これは医療機関で処方を受けないと入手できません。

民間療法で発毛をさせるなら、ミノキシジル配合の発毛剤を使用するのが一番確実です。

発毛剤の中で唯一発毛効果を認められているのがミノキシジル配合の発毛剤なのです。

育毛剤になると医薬部外品となり、効果は弱くなってしまいます。

薄毛を予防するためには役立ちますが、積極的に髪を増やすためには発毛剤がおすすめです。

ミノキシジルは男性ホルモンを抑制する発毛剤と考えている方がいますが、認められている効果は血行促進となります。

血行を促進して毛母細胞に発毛成分を届けることで、髪を太く育てていくのが目的です。

男性ホルモンは抑制できませんが、発毛力を高めることで薄毛の進行を食い止めることができます。

医療機関で治療をする場合はミノキシジルとフィナステリドを併用するのが一般的ですが、民間療法の場合は発毛剤を中心としたケアになります。

ミノキシジル配合の発毛剤に加えて、育毛シャンプーの使用、頭皮マッサージ、生活改善などによって発毛させることは可能なのです。

発毛対策は早く始めるほど効果が高くなるので、先延ばししないように注意しましょう。

もっと薄くなったら対策を始めるという考えが一番いけないのです。

放置している間にも髪は薄くなっていきますし、薄毛対策を始めてもすぐに効果は出ません。

好転反応を得るには6ヶ月以上を必要とすることが多いため、その期間も考慮して早めに対策をするべきなのです。

まずは抜け毛の進行をストップさせて、頭皮環境を正常にしていくことが大切となります。

↑ PAGE TOP