ミノキシジル・ミノタブ案内所

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の特徴とは?

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の特徴とは?

AGA治療薬ミノタブ

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)とは?

ミノタブとは、正式にはミノキシジルタブレットのことで、髪の発毛を促進する薬のことです。

ミノタブの中に含まれるミノキシジルという成分が、血流を促進し、髪の発毛に効果があるとされています。

髪の発毛を促進する薬には塗るタイプと飲むタイプがあり、ミノタブは飲むタイプになります。

飲むタイプは、体内から有効成分を吸収し、血液と混ざり合うため効果が高いとされています。

尚ミノタブに配合されているミノキシジルはアメリカや日本の厚生労働省の認証を受けているため安心してい使用することができます。

最後にミノタブを購入する方法ですが、個人輸入かAGA治療専門のクリニックで処方してもらうかしかありません。

これは他のAGA治療薬は大抵の病院で処方してもらえますが、認可されていないためです。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の効果効能について

ミノタブの効果効能というのは、代謝や血流の促進です。

髪の毛を生やすためにはまず頭皮の機能を高める必要があります。

頭皮が髪の毛を生やす機能を活性化させることによって、髪を生やすことができます。

それと同時に必要なのが、悪玉の男性ホルモンであるジビドロテストステロンを抑制するということです。

このジビドロテストステロンは髪の毛が抜ける直接的な原因になっているので、これの抑制をしなければ髪が生えてもどんどん抜けていくことになります。

ミノタブの効果効能と、このジビドロテストステロンを抑制するプロペシアなどによって、薄毛治療というのは完結します。

この二種類の効果効能は必ず必要になるので、そのことは知っておくと良いでしょう。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の接続時間(効き目)

ミノタブとはミノキシジルタブレットの略で、新たに注目されている毛生え薬です。

効き目としては血行促進し、発毛効果を期待できます。

また抜け毛予防にも効果的です。

従来市販されている塗り薬にも成分は配合されていますが、頭皮表面に直接塗布し毛穴から毛乳頭に栄養分を届けるので接続時間としては短く効果時間も塗布した分に限られます。

それに対してミノタブは飲むタイプの内服薬ですので、体内で吸収された成分は血液と混ざり合い血行促進をするので、毛乳頭に直接効くまでの接続時間が塗り薬に比べて少しかかります。

しかし内服薬として体内から直接効くので毛根を養う栄養分は豊富で効果時間としての優位性があります。

また、頭頂部から側頭部の広範囲に毛生え薬として効き目の期待できる薬です。

↑ PAGE TOP